代表挨拶

弊社は、今年、創業40周年を迎えました。

ここまで弊社が続いたのも、お客様とスタッフ、その家族の支えがあったからこそと、心から感謝しています。


そして、創業の私の父、父を支えた母の苦労も想像に難くない想いで、幼かった自分を振り返ります。


創業から10年は、中古車の売買、車両整備や部品販売を主な商いとしてきました。


そして、この30年間、総合リサイクルショップとしてノウハウを蓄積してきました。

今回、改めて選択と集中をするために、電動工具専門リサイクルショップ「アクトツール」として屋号を変更して、世の中に貢献していく所存です。

2014年

2014年のアクトツールは、チャレンジの年でした。

はじめて新卒者を迎え、中途採用も活発に行いました。

やはり、会社は人財です。

オープンな人事評価制度、賃金制度をさらにブラッシュアップさせました。

「小さな会社は人事評価制度で人を育てなさい」に成功事例として紹介されました。

しかし、近年では、久しぶりに出店を控えた年でもあります。


サハラマラソン完走

個人としては、4月にサハラマラソン2014に出場しました。

モロッコのサハラ砂漠を7日間で250km走る大会です。

しかも、食糧から寝袋までを背負っての完走は、これからの人生に大きな影響を与えることでしょう。


また、そこで出会った仲間と東海道五十三次ウルトラマラニックという大会を企画運営することになりました。

2014年7月には、第1回大会を開催しています。


これがまた、新しい経験として、会社に、世の中に良い影響を与えられればと思います。


アクトツールのこれから

2015年の弊社は、九州にフランチャイズ店をオープンさせ、成功に導くという命題でスタートしました。

多くの人財を投入したことで、当人はもちろん、それを支える店舗に残ったスタッフにも多くの学びを得ることができました。


5月には、直営の川崎店をオープンさせることができました。

電動工具専門リサイクルショップとしては、直営7店舗目となります。


ホームページのリニューアル

さらに、同時期にホームページの完全リニューアルしました。

弊社のPOSシステムと連動しているため、店頭で販売されると5分以内に、ホームページ上の在庫も「SOLD OUT」と更新されます。

また、数百件に及ぶ、独自の商品マスタとホームページが結びつき、在庫の状況がより見やすく、わかりやすくなりました。

そして、各店舗でページを持っており、Twitter、ブログなどとも連携しているため、より多くの情報発信が可能になりました。