マキタのインパクトドライバーのおすすめ機種&選び方

2022-6-19

電動工具を買うならマキタ!」と話す方もたくさんおり、マキタの電動工具はプロ・DIYユーザーから信頼されています。

機種の性能バランスが良く、コンパクトで使いやすいことも人気の一つ
電動工具を買うとき、候補に入りやすいメーカーです。
そんなマキタですが、とくにインパクトドライバーが人気です(^^)
そのためマキタも、さまざまな種類のインパクトドライバーを販売しています。 選択肢が多くなるのはいいことですが、逆に「機種が多すぎてどれがいいのかわからない...」と悩む方もいるでしょう。

そこでこの記事では、マキタ製インパクトドライバーを選ぶポイントを紹介します! とは言っても確認するポイントは4つだけで、どれもカンタンです。
記事後半からは、マキタのオススメインパクトドライバーを「18V・14.4V・40Vmax・DIY用」に分けて紹介します。 ぜひ、参考にしてくださいね。

マキタのインパクトドライバーの選び方

マキタのインパクトドライバーを選ぶポイントは下記の4つです。
-用途
-電圧(電源)
-トルク -プロ用・DIY用

それでは一つずつ、次章からチェックしましょう(^^)

用途

前述したとおり、マキタのインパクトドライバーは種類が多いです。
種類ごとにパワー・作業時間・大きさは異なります
そのためまずは、どのような用途でどんな作業をするかが重要です
具体的に下記3つの質問に回答することで、大まかにオススメの機種がわかります。  
・「長時間作業をするか?」
・「外でも作業をするか?」
・「はじめてインパクトドライバーを触るか?」

「長時間作業をするか?」

長時間作業をする方は、軽量な機種がオススメです

さらに「DIY用だからスペースを取らない機種で、パワー(締め付ける力)もそんなにいらない」方は、下記のペン型インパクトドライバーを検討しましょう。  
ただ、軽量になるとパワーも比例して落ちるのが基本です
さらに作業時間もみじかくなる傾向にあります
そのため「短時間作業+ちょっとした作業」を予定している方ならば、軽量がオススメです

「外でも作業をするか?」

外で作業をする方は、「防塵・防滴機能」付きの機種がオススメです
建設現場なら外で作業をすることも多いはずで、雨の日に作業することもあるでしょう。
外で作業をするとホコリ・雨水が機種に入る可能性があります
防塵・防滴機能がないとこわれるケースがあるため、「防塵・防滴機能」がついている機種がオススメです。

「はじめてインパクトドライバーを触るか?」

はじめてインパクトドライバーを触るなら、「自動調整機能」がついている機種を選びましょう
メーカーにかかわらず、はじめてインパクトドライバーでネジを締めるときはコツがひつようです。
最初はゆっくり締め、回転数を上げ、最後はゆっくり締める」が基本ですが、作業をすると意外にムズかしいことがわかると思います
そのため初心者の方は「自動調整機能」がついている機種がオススメです。

 

電圧(電源)


(引用:マキタ公式サイト

三つ目に大事なのが、電圧です。
キタのインパクトドライバーは「14.4V・18V・40Vmax」がメインですが、DIY用として10Vなどの機種もあります
DIY用として使うのに40Vmaxを購入してしまうと、オーバースペックです

そのため「1週間に一回使うかどうか」であれば14.4V以下の機種がオススメ

逆に40Vmaxはパワー・性能が完全にプロ向けです。 建設現場で働く職人さんの中でも、とくに作業量が多い方が使用するイメージです。
そのため「仕事で使う」「仕事で使わないけどやや専門的なDIYをする」方は、14.4V〜18Vが良いでしょう。 電圧が高くなるにつれコストも高くなるので、価格を考えた上で検討するのがオススメです。

電圧は必ず確認!

基本的なことですが、マキタのインパクトドライバーはバッテリーをつけることで動きます。
しかし「互換性」は基本的にありません
たとえば「18Vのインパクトドライバー」に「14.4Vのバッテリー」をつけることはできません。
電圧の異なるインパクトドライバーとバッテリーは互換性がないので、注意しましょう

トルク

次に大事なのが「トルク(パワー)」です
インパクトドライバーのトルクは「90N・m」などの数字で表されます。
トルクの数字が大きいほど、締め付ける力も強いです
そのため家具を組み立てる程度ならば、90N・mもあれば十分です。
さらに「パワーよりも軽量な機種が良い」という方は、先ほど紹介したペン型(TD022DSHX)でも作業可能でしょう。
ペン型ドライバーでも扉の補修などでも使用できます。
一方、建設現場など仕事として使う方は最低でも「100N・m」以上は欲しいところです。 ちなみにトルクが高くなると、比例してコストも上がる傾向にあります。

プロ用・DIY用

マキタはプロ・DIY用の工具を色で分けています
プロ用のカラーリングは、下記のとおり「ブルー」です。

一方DIY用は「グリーン」となっています。
ブルー(プロ用)はコストが高く、性能も高めです。
一方グリーン(DIY用)はコスパが良いですが、性能もプロ用に比べて低め。
また、DIYは耐久性もそれなりなので、過酷な環境ではこわれる可能性が高いです。
もちろん「DIY=すぐこわれる」のではなく、休日たまに使用する程度なら1年以上もつこともあるでしょう
そのため「毎日外で長時間使用」ならば「ブルー」がオススメです。 ただカラーリングの注意点として、最近マキタは多色展開をしています。 ブラックなどカラーがあるので、性能もあわせて確認しましょう。

マキタのインパクトドライバーのおすすめ機種

ここからはオススメのマキタ製インパクトドライバーを紹介します。
18V・14.4V・40Vmax・DIY用の順番で紹介するので、ぜひ参考にしてください(^^)

18V

18Vはマキタが主力で販売しているインパクトドライバーです。
プロ用として使用することが多く、どんな建設現場にも今回紹介する中の1機種はあるイメージです。

TD172DRGX

18Vのインパクトドライバーで迷ったらTD172!」という声もあるほど、18Vの中では人気機種となります。
コンパクトな形状で、床に近い作業にも対応可能。 軸受け部にダブル・ボールベアリングを採用する「ゼロブレ」で、長いビットを使用するときの振れも大幅低減
ビットを交換するときに少しだけ面倒なスリーブ引きもなくなり、軽くビットを押し込むだけで交換可能に。
作業ごとにモード変更もでき、木材・ボルト・厚板・薄板の4モードがあります。 性能のバランスが取れており、ユーザーも多いです。

回転数(min-1 回/分) 0〜3,600
重量(Kg) 1.5
トルク(N・m) 180
寸法(mm) 114×81×236

TD155DRFX

上記で紹介した「TD172」のトルクは180N・mですが、そこまでパワーはいらない方にはTD155DRFX。
「楽らくモード・LEDライト・防滴/防じん機能」がついており、マキタならではの技術が搭載されています。
ちなみにTR155のカラーリングはブルーの他にブラックもあります。
回転数(min-1 回/分) 0〜3,000
重量(Kg) 1.4
トルク(N・m) 140
寸法(mm) 135×79×232

TD146DSHX

マキタのインパクトドライバー18Vで、とにかくコストパフォーマンスが良いものを...」という方は、TD146を検討しましょう。
楽々モードなど追加機能はありませんが、低価格でマキタ製を手に入れることができます。 ただ、TD146は本体のみ販売がありません
バッテリーなどフルセットで購入するので、注意がひつようです。
回転数(min-1 回/分) 0〜2,300
重量(Kg) 1.2
トルク(N・m) 160
寸法(mm) 138×79 ×222

14.4V

18Vよりもバッテリーが小さく軽量です。
一時は14.4Vをメインで販売しており、種類も豊富。
コンパクトでパワーもそれなりに欲しい方は14.4Vがオススメです。

TD161DRGX

14.4Vの機種にも「ビット振れ低減機能」「楽らく4モード」 がついており、自動で回転数の強弱を変える機能を搭載
ビス締め付け時のこじれにも強く耐久性も高いです。
全長116mmとコンパクトですが、175N・mのトルク性能を持っているためパワーも十分でしょう。
回転数(min-1 回/分) 0~3,400
重量(Kg) 1.4
トルク(N・m) 175
全長(mm) 116
 

TD138DRFX

上記で紹介した「TD161DRGX」までトルク(パワー)はいらない方は、TD138DRFXがオススメです。 締め付け能力を見ると「TD161DRGX」と「TD138DRFX」はそこまで差がありません。  

TD161DRGX   (引用:マキタ公式サイト

TD138DRFX (引用:マキタ公式サイト

普通/高力ボルトの締め付け能力は、「TD161DRGX」がやや高いです。 また一充電あたりの作業量は、やはりTD161DRGXに軍配が上がります。 性能としてはやや負けますが、「TD138DRFX」の方が2万円ほどお得です。 そのため「短時間作業で、TD161DRGXほどパワーは不要」という方は、TD138DRFXがコスパ的にオススメとなります。

回転数(min-1 回/分) 0〜2,400
重量(Kg) 1.4
トルク(N・m) 160
全長(mm) 135

TD134DSHX


プロ向けバッテリーの中で容量が一番小さいTD134DSHX。 ただトルク能力は155N・mと高く、プロが軽い作業をするときにも使用する印象。 「カンタンな作業ならこれで十分!」というレビューのとおり、コンパクトな作りで作業がしやすいです。
回転数(min-1 回/分) 0〜2,400
重量(Kg) 1.2
トルク(N・m) 155
全長(mm) 138

40Vmax

マキタ製インパクトドライバーで、もっともパワーが強い40Vmax。もともとTD001DRGXがありましたが、廃盤となりました。 次世代モデルとしてTD002GRDXが発売されたため、こちらを紹介します。 完全にプロ仕様なので、DIYユーザーの方にはややオーバースペックかもしれません。

TD002GRDX

マキタ製インパクトドライバーの最高性能と言っていいでしょう
締め付け能力はマキタ史上最高で、機能も充実。
DSTを採用し、作業に応じて打撃能力の自動調整、専用アダプタを付けることでアプリと連動します。 作業時間も長く、ストレスフリーな作業を実現。 パワー・作業時間・便利性をすべて取りそろえたインパクトドライバーと言えます。 現場で働く職人さんの中でも、特に作業性能・作業時間が必要な方向けの機種です。
回転数(min-1 回/分) 0〜3,700
重量(Kg) 1.6
トルク(N・m) 220
全長(mm) 119

DIY用

最後に、DIY用としてよく使われるマキタ製インパクトドライバーを紹介します。

TD022DSHXB

ペン型ドライバーなので、小型・軽量が特徴。
コンパクトで持ち運びが楽で、サブのインパクトドライバーとしても活躍します。 もちろんLEDライト付き。 手締め機能があり、手回しドライバーとしても活用できます。 置くスペースに困らないので、DIY用としてオススメです。
V(ボルト) 7.2
回転数(min-1 回/分) 0~2,450
重量(Kg) 0.55
トルク(N・m) 25
全長(mm) 折り曲げ時:227 ストレート時:282

M695DS


トルクが130N・mとDIY用の中では上位に位置し、シンプルな作りが特徴です。 上記で紹介したペン型よりパワーが欲しい方やピストル方が良い方にオススメ。 LED・正逆転両用・無段変速など最低限の機能はついているため、カンタンな作業ならこの一台で十分でしょう。
回転数(min-1 回/分) 0〜2,400
重量(Kg) 1.3
トルク(N・m) 130
全長(mm) 173

まとめ

いかがでしょうか?
今回はマキタのインパクトドライバーについて解説しました。
本文のとおり、マキタ製インパクトドライバーはその人気から種類がたくさんあります。
そのため今回紹介した選ぶポイントを参考に、ある程度機種の選択肢を減らしていくことも大切です。
ただ、もう一つの隠れた選ぶポイントとして「価格」も外せませんよね。 「ちょっとした家具を組み立てるだけに、1万円を超えるインパクトドライバーを新品で買うのも...」という方もいると思います。

そんなときはアクトツールのオンラインショップをのぞいてみませんか?
アクトツールは中古のインパクトドライバーを数多くご用意しています! 工具のプロがアクトツールには多数在籍しており、完全にメンテナンスをした商品を販売しています。 プロの職人さからの口コミで成長した背景があるため、信頼度も高いです。 ぜひ、アクトツールのサイトを下記のボタンからチェックしてください(^^)  

マキタのインパクトドライバーをチェックする!