【シンプル機能】マキタ製「TD138DRFX」14.4V充電式インパクトドライバーを徹底解説!

2022-7-24
2015年末に販売したマキタのインパクトドライバー「TD138DRFX」の紹介です。
14.4Vで性能バランスが良く、機能がシンプルで使いやすさも抜群(^^)
職人さんがメインやサブ機として利用しているイメージですが、DIYをする方にもオススメの一台です。

そこでこの記事ではTD138DRFXの製品仕様をご紹介。記事後半からは「TD134DRFXP」とハイコーキのライバル機種「WH14DKL」と性能を比較します。TD138DRFXを買おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

マキタのインパクトドライバー「TD138DRFX」の製品仕様

TD138DRFXの製品仕様と特徴は下記の5つです。

  • 14.4Vで160N・mと強力トルク
  • コンパクト設計
  • LEDライト
  • 防滴防じんアプト(APT)
  • 凹ウエーブラインで握りやすい

TD138DRFXは「バランスが良い機能厳選型インパクトドライバー」です。
そのため、

  • 14.4Vで電動工具をそろえている
  • DIY用ではトルクが足りない

という方はTD138DRFXがオススメです。
逆に18Vのバッテリーしかない方は注意が必要です。

注意!

基本的にマキタのバッテリーは互換性がありません
マキタの18Vバッテリーに14.4Vのインパクトドライバーをつけることは可能です。ただ、回転数が遅くなるなどデメリットも。

一方、今18Vバッテリーしか持っていない場合、14.4VのTD138DRFXを装着することはできません。あたらしく14.4Vのバッテリーがひつようなので、注意してくださいね。

バッテリーの互換性を踏まえた上で、TD138DRFXの仕様を見ていきましょう(^^)

14.4Vで160N・mと強力トルク

(引用:マキタ公式サイト

TD138DRFXのトルクは160N・mです
締め付け能力は下記のとおり。

締め付け能力(mm)
小ネジ M4〜M8
ボルト M5〜M14
コーススレッド 22〜125
高力ボルト M5〜M12
回転数と打撃数は下記のとおりとなります。
回転数 0~2,400(min-1)回転/分
打撃数 0~3,200(min-1)回/分

TD138DRFXでネジ締めはもちろん可能ですが、トルクが160N・mと高いのでパワー調整がひつようです。

さらに「固着したネジ外し」「木材へのコースレッドビス打ち」などの作業もできます。幅広い作業ができるトルク能力なので、

  • 大工工事
  • 足場設置
  • 解体

作業をするときにかつやくするでしょう。
大工・鳶の方も利用しているイメージですが、DIYをする方にもオススメの一台です。

コンパクト設計

(引用:マキタ公式サイト

TD138DRFXの全長は135mmとコンパクト
隅打ちをするときにも役立つ一台です。
ちなみにマキタは電動工具をコンパクトにするのがうまい会社で、取り回しの良い工具を探している方にオススメ。

LEDライト

(引用:マキタ公式サイト

もちろんTD138DRFXにはLEDライト(2灯)付きです。
照射範囲が広いので暗い場所でも作業可能。 簡易照明にもなるので、さまざまなシーンでかつやくします。

防滴防じんアプト


(引用:マキタ公式サイト

マキタのプロ用インパクトドライバーには、アプト(APT)が付いています。
アプト(APT)とは防滴防じん機能なので、過酷な現場でも使用できる設計です。 木材を切断する現場等では、木くずやホコリが舞いやすい環境です。 アプト機能があることで、インパクトドライバー内にチリ・水が入りづらい作りになっています。

もちろんインパクトドライバーは密閉構造ではないので「雨が入ってもかならず壊れない」わけではありません

凹ウエーブラインで握りやすい


(引用:マキタ公式サイト

補助的な機能としてグリップが握りやすく、長時間作業にピッタリです。

TD138DRFXをオススメしたい方とは?

  • 現場で足場設置工事をする方
  • 解体工事をする方
  • 大工・鳶の方
  • DIYをする方

TD138DRFXは「14.4V」「160N・m」と性能を見ると、ややプロ向けのインパクトドライバーです。

そのため現場で使用する方や、本格的なDIYをする方にオススメの一台となります。 逆に「家具の組み立て」「カンタンなDIY(カーテンレールをつけるだけ)」等であれば、TD138DRFXはオーバースペックでしょう

その場合トルクが控え目な「ペン型インパクトドライバー」でも問題ないケースがあります。 マキタからはペン型の「TD022DSHX(7.2V)」を販売しています。

カンタンな作業ならTD002DSHXを検討しても良いでしょう。というのは、スペックが高いとその分コストも高くなるためです

オーバースペックになると不要な性能とお金がかかってしまうので、作業にあわせて機種を選ぶことをオススメします!

「TD138DRFX」と他のインパクトドライバーと比較してみた!

現在は18Vが主流ですが、以前は14.4Vのインパクトドライバーが主流でした。そのためマキタは「14.4Vインパクトドライバー」を複数販売しています。

そこで今回は従来機「TD134DSHX」と性能比較をします。

TD138DRFXとTD134DRFXPの違い

まずは大事なトルクから比較していきましょう。
機種 最大締め付けトルク
TD138DRFX 160N・m
TD134DRFXP 155N・m
トルクは従来からアップしていますが、大きくパワーアップはしていません。 「1充電あたりの作業量」「締め付け能力」も下記のとおり同じです。 -1充電あたりの作業量
作業内容 TD138DRFX TD134DRFXP
木ネジ(φ4.3×65mm) 約260本 約260本
木ネジ(φ5.4×90mm) 約150本 約150本
小ネジ(M8×16mm) 約1,600本 約1,600本
-締め付け能力
締め付け能力 TD138DRFX TD134DRFXP
小ネジ M4〜M8 M4〜M8
ボルト M5〜M14 M5〜M14
コーススレッド 22〜125 22〜125
高力ボルト M5〜M12 M5〜M12

トルクこそTD138DRFXの方が「5N・m」高いので、「トルクを少しでも高くしたい!」方はTD138DRFXに買い換えても良いでしょう。

ただ、性能的にはほぼ同じです。 TD138DRFXの全長が135mmでTD134DRFXPより3mmコンパクトになりましたが、質量はどちらも1.4kgで重さも同じです。
また、どちらも防滴・防じん機能のアプト(APT)が付き、使用環境でも差が出ません。

性能優先ならTD162DRGXもオススメ
14.4のインパクトドライバーで「最新機種&高性能」が良い方は「TD162DRGX」を検討しても良いでしょう。
最大締め付けトルク 175N・m
回転数 0~3,400(min-1)回転/分
打撃数 0〜3,600(min-1)回/分
寸法(長さ×幅×高さ)mm 114×81×236
質量 1.3kg
特徴 ・ゼロブレ ・ワンタッチビットスリーブ ・楽々4モード ・モードメモリー機能


14.4Vの最新機種なのでTD138DRFXよりトルクや回転数は優れています。
もう一つの特徴として、機能が充実していることです
カムアウトを低減する「ゼロブレ」はもちろん、「楽々4モード」があるので作業内容によってモード切り替えも可能に。

そのため「14.4Vで高性能なインパクトドライバーが欲しい」「いろいろな機能を使いたい」方は、TD162DRGXを検討する方がオススメです。

逆に「175N・mもトルクはいらない」「ごちゃごちゃした機能は不要」ならば、TD138DRFXがオススメとなります。

TD138DRFXとWH14DKLの違い

コードレスインパクトドライバ:WH14DKL/WH18DKL

ここからはマキタのライバル「ハイコーキ」が販売している「WH14DKL」と性能を比較します。 WH14DKLも14.4Vのインパクトドライバーです。

トルクを比較

最大締め付けトルク
TD138DRFX 160N・m
WH14DKL 157N・m
最大締め付けトルクはTD138DRFXがやや高い結果に。 とはいっても3N・mしか変わらないので、購入の決め手にはなりづらそうです。 あわせて回転数・打撃数もチェックしていきましょう!
TD138DRFX WH14DKL
回転数(min-1)回転/分 0~2,400 0~2,600
打撃数 0~3,200 0~3,200

回転数はWH14DKLがやや高いですが、大きな差ではありません。 締め付け能力はどちらも、
普通ボルト:M5〜M14
高力ボルト:M5〜M12

と同じです。

サイズを比較

サイズ(全長) 質量
TD138DRFX 135mm 1.4kg
WH14DKL 139mm 1.4kg

サイズはTD138DRFXの方がコンパクトです。
ただ質量自体に差はありません。
また、どちらも打撃モード切り替え等はついていません
唯一マキタのTD138DRFXには、防滴・防じんのアプト(APT)がついていることが異なる点です。

TD138DRFXとWH14DKLで迷ったら

ここまでのとおり、性能がほぼ似ているためスペックだけでは判断できません。 そのため別の角度から購入を検討しましょう。 具体的には、

  • マキタの14.4Vバッテリーを持っている方
  • マキタ製で工具をそろえたい方
  • APT(防水・防じん)機能が欲しい方

上記の方はTD138DRFXを選ぶのがオススメです。

マキタのインパクトドライバー「TD138DRFX」まとめ

電動工具を14.4Vでそろえたい
機能はシンプルなものがいい

なら、TD138DRFXはオススメです。 トルクは160N・mとパワーも十分で、コンパクトな一台となります。また、マキタ製で工具をそろえている方はぜひ検討してくださいね。

とはいっても「値段が高すぎてなかなか手が出ない...」「買い替えたいけど予算がない」と悩む方もいると思います。

そんなときはアクトツールのオンラインショップを見てみませんか?

アクトツールは全国に15店舗を構える工具専門店です。 現場のプロからの口コミを中心に広がり、プロからDIYユーザーまで幅広いニーズに対応しています。 プロからも認められるアクトツールで、ぜひお得にTD138DRFXを手に入れませんか?

まずは下記のボタンからオンラインショップをチェックしてくださいね(^^)

TD138DRFXをアクトツールで見てみる!