【工具屋解説】ハイコーキの釘打ち機の選び方とオススメを厳選!

2023-1-11
釘をすごい速さで打ってくれる便利な釘打ち機。トンカチで作業するよりも効率良く作業できるため、建設現場では必ず一台見る電動工具です。

その中でも大手工具メーカーの「ハイコーキ製」釘打ち機は市場でも人気が高い機種となります。しかし「釘打ち機」を一つとっても、種類や価格帯はさまざま

作業用途と合っていない釘打ち機を購入すると、後々後悔する可能性もあります。そこでこの記事ではまず、釘打ち機を選ぶときの重要な3つのポイントについて解説(^^)

記事後半からはオススメのハイコーキ製釘打ち機を、「高圧」と「常圧」に分けてアクトツールが厳選して紹介します!ぜひ、最後までチェックしてくださいね。

釘打ち機の選び方は?

まずは、釘打ち機を選ぶときのポイントについて解説します!とは言ってもポイントは下記のとおり3つだけです。

-常圧・高圧
-用途(釘を打つ材質)
-釘の長さ

どれもカンタンです(^^)次章から一緒に見ていきましょう。

常圧・高圧

釘打ち機は通常、空気の力を使って釘を打つ電動工具なので、エアコンプレッサーと一緒に使うのが一般的です。

その中でエアコンプレッサーには「常圧」と「高圧」があり、釘打ち機にも同じく「常圧」と「高圧」の2つがあります。それぞれの特徴をまとめると下記の通りです。
常圧/高圧 特徴
常圧 ・大型 ・低価格 ・DIYで使うケースが多い
高圧 ・反動が少ない ・プロが使うケースが多い
あくまで参考ですが、プロが使う釘打ち機は「高圧」が多い印象となります。一方「常圧」の場合、作業時に反動を感じるケースが多く、高圧に比べて大きい機種が多いです。

ただ低価格なので、DIYとして使うユーザーが多いと言えるでしょう。「高圧」は小型機が多く、パワーも強い機種が多く見られます。そのため大量の釘を一気に打ち込んでいくような作業をするなら、高圧がオススメ。

ただしDIYとして使わなくても、一度に数本の釘しか打たない、太い釘を使わない、のであれば「常圧」でも問題ないでしょう。作業用途に分けて、どちらにするかを選んでください!

なお、エアコンプレッサーがまだない方は、「コンプレッサーの選び方&おすすめ機種【徹底解説】」を参考にしてくださいね。記事内ではコンプレッサーの選び方とオススメ機種をカンタンにまとめています(^ ^)

用途(釘を打つ材質)

常圧・高圧のどちらにするかが決まったら、次は釘を打つ材質に適した機種を選びましょう。

釘を打つ材質は「内装・駆体・フロア・コンクリート・下地・鋼板・石膏ボード・サイディング」などが挙げられます。釘を打つ材質によって、機種は変わります。 例えばハイコーキのカタログを見ると、下記のように記載されています。

(引用:ハイコーキ公式カタログ

「内装」にしか使用する機種もあれば、「内装・下地・フロア・鋼板1.6mm」に釘を打てる釘打ち機もあります。中には「下地専用釘打ち機」として販売されているものもあります。

間違って購入すると、後々買い直しなど面倒なことになってしまう可能性も。機種によって用途はそれぞれ大きく変わるので、購入前に必ず確認するようにしましょう。

釘の長さ・種類

まず、釘の長さです。釘打ち機の種類によって使用できる釘の長さは異なります。下記をご覧ください。

(引用:ハイコーキ公式カタログ

上記はハイコーキカタログの釘打ち機の性能表ですが、この中に「長さmm」という項目があります。こちらは使用できる釘の長さを示した数値となり、「19〜32mm」や長いものだと「40〜50mm」などさまざまです。

そのため使用する釘の長さによって、機種も選び分けることが大切です。さらに機種ごとに使用する「釘の種類」も異なるため、次章から一緒に見ていきましょう!

種類

釘打ち機で使う釘も、機種によってそれぞれ対応した釘を使う必要があります。代表的な釘の種類は下記の通り。
釘の種類 用途
N釘 一般的な釘
BN釘 2×4材に使われる釘(細め)
GN釘 石膏ボード用
CNZ釘 メッキ付き
CN釘 2×4材に使われる釘(太め)
SN釘 シージングボード用
たとえばハイコーキの「NV 65AJ」をカタログで見ると、下記のように記載されています。

(引用:ハイコーキ公式カタログ

書いてあるとおりですが、NV65AJは「N釘:50mm」「CN釘:50mm」「GN釘:40mm」が使用できる機種ということになります。それぞれ購入する前に、どの釘を使用できる釘打ち機なのかもあわせて確認して購入するようにしましょう!

さて、次章からはさっそくハイコーキ製のオススメ釘打ち機を紹介します。「高圧:50mm」「高圧:65mm」「高圧:75mm」「高圧:90mm」の順番で紹介し、その後「常圧」の機種も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね(^ ^)

オススメのハイコーキ製釘打ち機を厳選紹介!

ここからはアクトツールが厳選したハイコーキ製釘打ち機を紹介します!ここまで読んで、

選び方はわかったけど、どれがいいのかわからなくなってきた...
とりあえずオススメを買いたい

という方もいるかと思います。そのような場合は、ぜひ下記からも参考にしてください。

高圧50mm

まずは高圧50mmのハイコーキ製釘打ち機を紹介します!

高圧ロール釘打機 NV50HR2(S)

まず紹介したいのが「NV50HR2」です!「弱・中・強」とパワー切り替えレバーが付いており、作業用途に合わせて手元でカンタンに調整をすることができます

そのため面一調整が可能に。さらに先端が「スマートノーズ」を採用しており、狙い打ちがしやすく、作業効率UPも期待できるでしょう。さらに従来機よりも軽量化を図っており、作業時のストレス軽減にも一役買っています。
使用空気圧 1.18~2.26MPa
空気消費量 1.6L/本
打ち込み速さ 3本/秒
使用釘 針金連結釘:250本・300本・400本(32〜50mm) シート連結釘:200本(25〜50mm)
質量 1.9Kg

高圧ロール釘打機 NV50H2

★ハイコーキ(HIKOKI ※旧:日立工機) 高圧エア釘打ち機 NV50H2【鴻巣店】
次に紹介したいのが「NV50H2」です。全高243mm(プッシュレバー押し上げ時)と非常にコンパクトな機種で、手狭な場所でも取り回ししやすい一台となります。こちらの機種もスマートノーズ採用で、先端が見やすく正確な打ち込みの手助けに。

さらに別機種となりますが「NV50H2(S)」には「エアダスタ機構」が搭載されており、ワンプッシュで木屑などのゴミを掃除することが可能です。エアダスタ機能が欲しい方は「NV50H2(S)」を購入してください!なお持ち手部分はソフトグリップになっており、握り心地が柔らかく、作業中の疲労を軽減させるプロ向けの機種となります。
使用空気圧 1.18~2.26MPa
空気消費量 1.0L/本
打ち込み速さ 3本/秒
使用釘 針金連結釘:400本(32〜50mm) シート連結釘:200本(25〜45mm)
質量 1.3Kg

高圧65mm

次に、高圧65mmの釘打ち機を1機種紹介します!

高圧ロール釘打機 NV65HR2(S)

NV65HR(2)は「弱・中・強」のパワー切り替え機構がついており、作業用途に合わせて手元で面一調整ができる一台です

たとえば硬い集成材の打ち込みであれば「強モード」で、あえて「弱モード」を使うことで、連続釘打ち本数を大幅にアップさせることができます。もちろんこちらの機種も「スマートノーズ」&「ソフトグリップ」採用で、作業の負担感を軽減。
使用空気圧 1.18~2.26MPa
空気消費量 1.8L/本
打ち込み速さ 3本/秒
使用釘 針金連結釘:200本・250本・300本・400本(38〜65mm) シート連結釘:200本(32〜50mm)
質量 2.1Kg

高圧75mm

ここからは高圧75mmの釘打ち機です!

高圧ロール釘打機 NV75HRA(S)

NV75HRA(S)

(引用:ハイコーキ公式サイト

「NV75HRA(S)」にも「弱・中・強」のパワー切り替え機構がついており、作業用途にあわせて調整することができます。スマートノーズ採用はもちろんのこと、スパイク形状なので斜め打ちでも滑りにくい機種です。

また従来機種よりも軽量の「2.5Kg」となっており、作業ストレスも軽減。エアダスタ機能もついており、作業中に出るゴミの処理も楽々。なお「低反動一体成形ピストン」が搭載されているので、打ち込み時の反動を低減させる使い勝手の良い一台となっています。

使用空気圧 1.18〜2.26MPa
空気消費量 2.3L/本
打ち込み速さ 3本/秒
使用釘 針金連結釘:150本・200本・250本・300本(45〜75mm)
質量 2.5Kg

高圧90mm

高圧機では最後の紹介となる「90mm」釘打ち機の紹介です!

高圧ロール釘打機 NV90HR2(S)

NV90HR2(S)もここまで紹介した他機種と同じく「パワー切り替え機構」「スマートノーズ」「ソフトグリップ」が搭載されており、「エアダスタ」「低反動一体成形ピストン」もついています。

そのほか「らくらくマガジン」という、マガジンカバーを開けるとネイルホルダが自動的に手前に傾く機能も。使用釘が「〜90mm」までなので、長い釘を使う予定があるならば、こちら検討してください。
使用空気圧 1.18~2.26MPa
空気消費量 2.4L/本
打ち込み速さ 3本/秒
使用釘 針金連結釘:120本・150本・200本・250本・300本(45〜90mm) シート連結釘:200本(45〜50mm)
質量 2.7Kg

常圧釘打ち機

ここからは常圧の釘打ち機を3機種紹介します!

65mm釘打機

NV65AJ

(引用:ハイコーキ公式カタログ

「NV 65AJ」は、「N65釘・CN65釘・GN40釘」に対応している釘打ち機です。単発打ち・連続打ちがトリガ操作で切替ができ、在来工法・2×4工法・石こうボードなどの用途があります。

使用空気圧 0.44〜0.78MPa
空気消費量 1.6L/本
使用ホース 7mm以上
使用釘 針金連結釘:200・250・300(45〜65mm) シート連結釘:200(40〜50mm)
質量 1.9Kg
NV65AF3 90mm釘打機

(引用:ハイコーキ公式カタログ

こちらは「2×4用CN50相当釘」が使用できるNV65AF3です。1.9Kgと軽量で、「下地」「躯体」「鋼板2.3mm」「コンクリート」などの多用途釘打ち機となります。※釘頭径φ6.5以下のみ使用可

使用空気圧 0.44〜0.78MPa
空気消費量 1.6L/本
使用ホース 7mm以上
使用釘 針金連結釘:250・300・400(32〜65mm) シート連結釘:200(32〜50mm)
質量 1.9Kg
NV90AB3

(引用:ハイコーキ公式カタログ

最後に紹介するのが「斜め打ち・厚者も一発で打ち込める」がキャッチフレーズの「NV90AB3」となります。空気消費量・質量を見てもわかるように大型の釘打ち機となるため、「パワーがある釘打ち機が欲しい!」という方は、こちらを検討しても良いでしょう。

使用空気圧 0.49〜0.78MPa
空気消費量 2.7L/本
使用ホース 8.5mm以上
使用釘 針金連結釘:150・200・250・300(65〜90mm)
質量 3,1Kg

まとめ

ハイコーキ製の釘打ち機は性能・種類ともにレベルが高いため、この機会に検討しても良いと思います。その際は「常圧」or「高圧」に加えて、用途や釘の長さを基準に選びましょう!

ただ、電動工具全般に言えることですが、新品で購入すると非常の高価です。そのため...

予算がないから釘打ち機を買えない...
買い替えたいけど、とりあえず今のを使うしかない

と悩む方もいると思います。そんなときは、ぜひアクトツールのオンラインショップをチェックしてください!アクトツールでは「高圧」のハイコーキ製釘打ち機を中心にご用意しており、ご興味がある方は下記のボタンからのぞいてみてくださいね(^^)

アクトツールでハイコーキ製釘打ち機を見てみる!

なお、アクトツールでは電動工具全般の「選び方」や「オススメ機種」に関する記事を多数執筆しています!はじめて電動工具を購入する方や、プロ用工具をお求めの方はきっと参考になると思うので、ご興味がある方は「ブログを読む」からぜひチェックしてください!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!また別の記事でお会いしましょう。