【工具屋解説】マックスの釘打ち機の選び方とオススメをご紹介!

2023-1-11
効率良く釘を打ちたい時に便利なのが釘打ち機。トンカチで作業するよりも効率良く作業できるため、建設現場では必ず一台見る電動工具です。

その中でも大手工具メーカーの「マックス」釘打ち機は市場でも人気が高い機種となります。しかし「釘打ち機」を一つとっても、種類や価格帯はさまざま

作業用途と合っていない釘打ち機を購入すると、後々後悔する可能性もあります。そこでこの記事ではまず、釘打ち機を選ぶときの重要な3つのポイントについて解説(^^)

記事後半からはオススメのマックス製釘打ち機を、「高圧」と「常圧」に分けてアクトツールが厳選して紹介します!ぜひ、最後までチェックしてくださいね。

釘打ち機の選び方は?

まずは、釘打ち機を選ぶときのポイントについて解説します!とは言ってもポイントは下記のとおり3つだけです。

-常圧・高圧
-用途(釘を打つ材質)
-釘の長さ

どれもカンタンです(^^)
次章から一緒に見ていきましょう。

常圧・高圧

釘打ち機は通常、空気の力を使って釘を打つ電動工具なので、エアコンプレッサーと一緒に使うのが一般的です。

その中でエアコンプレッサーには「常圧」と「高圧」があり、釘打ち機にも同じく「常圧」と「高圧」の2つがあります。それぞれの特徴をまとめると下記の通りです。
常圧/高圧 特徴
常圧 ・大型 ・低価格 ・DIYで使うケースが多い
高圧 ・反動が少ない ・プロが使うケースが多い
あくまで参考ですが、プロが使う釘打ち機は「高圧」が多い印象となります。一方「常圧」の場合、作業時に反動を感じるケースが多く、高圧に比べて大きい機種が多いです。

ただ低価格なので、DIYとして使うユーザーが多いと言えるでしょう。「高圧」は小型機が多く、パワーも強い機種が多く見られます。そのため大量の釘を一気に打ち込んでいくような作業をするなら、高圧がオススメ。

ただしDIYとして使わなくても、一度に数本の釘しか打たない、太い釘を使わない、のであれば「常圧」でも問題ないでしょう。作業用途に分けて、どちらにするかを選んでください!

なお、エアコンプレッサーがまだない方は、「コンプレッサーの選び方&おすすめ機種【徹底解説】」を参考にしてくださいね。記事内ではコンプレッサーの選び方とオススメ機種をカンタンにまとめています(^ ^)

用途(釘を打つ材質)

常圧・高圧のどちらにするかが決まったら、次は釘を打つ材質に適した機種を選びましょう。釘を打つ材質は「内装・駆体・フロア・コンクリート・下地・鋼板・石膏ボード・サイディング」などが挙げられます。

釘を打つ材質によって機種は変わります。 例えばマックスのカタログを見ると、下記のように記載されています。

(引用:マックス公式カタログ

たとえば「HN-90N6(D)-G」を見ると「躯体・コンクリート・2×4・下地・鋼板」と幅広い材料に釘を打てる釘打ち機もあります。中には「下地」のみ対応している機種も販売されています。

間違って購入すると、後々買い直しなど面倒なことになってしまう可能性も。機種によって用途はそれぞれ大きく変わるので、購入前に必ず確認するようにしましょう。

釘の長さ・種類

まず、釘の長さです。
釘打ち機の種類によって使用できる釘の長さは異なります。
下記をご覧ください。 

(引用:マックス公式カタログ

上記はマックス公式カタログの一部となりますが、こちらの機種は「38〜75mmの釘に対応」と書かれています。こちらは使用できる釘の長さを示した数値となり、「19〜32mm」や長いものだと「40〜50mm」などさまざまです。

そのため使用する釘の長さによって、機種も選び分けることが大切です。さらに機種ごとに使用する「釘の種類」も異なるため、次章から一緒に見ていきましょう!

種類

釘打ち機で使う釘も、機種によってそれぞれ対応した釘を使う必要があります。代表的な釘の種類は下記の通り。
釘の種類 用途
N釘 一般的な釘
BN釘 2×4材に使われる釘(細め)
GN釘 石膏ボード用
CNZ釘 メッキ付き
CN釘 2×4材に使われる釘(太め)
SN釘 シージングボード用
たとえばマックスの「HN-50N4(D)」をカタログで見ると、下記のように記載されています。

(引用:マックス公式カタログ

右上に「N45・N50・CN50・GN32・GN40・GN50」と書いてあるとおり、釘打ち機「HN-50N4(D)」は書いてある釘の種類が使用可能です。それぞれ購入する前に、どの釘を使用できる釘打ち機なのかもあわせて確認して購入するようにしましょう!

さて、次章からはさっそくマックス製のオススメ釘打ち機を紹介します。「高圧:50mm」「高圧:65mm」「高圧:75mm」「高圧:90mm」の順番で紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね(^ ^)

オススメのマックス製釘打ち機を厳選紹介!

ここからはアクトツールが厳選したマックス製釘打ち機を紹介します!ここまで読んで、

選び方はわかったけど、どれがいいのかわからなくなってきた...
とりあえずオススメを買いたい

という方もいるかと思います。
そのような場合は、ぜひ下記からも参考にしてください。

高圧50mm

HN-50N4(D)

「Wノーズトップ方式」で2種類のノーズに付け替えができ、最大138種類の釘が使用できるHN-50N4(D)。圧力切り替え機構を搭載しており、打ち込み深さもカンタンです

さらに鋼製束用コンクリートピンも打つことができ、幅広い釘の使用可能。また、型枠用浮かせ打ちアタッチメントを購入することで、型枠にも使用できる作業バランスが優れた一台となります。
使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエア・ホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル・ピン装填数 100本・200本・250本・300本・400本
質量 1.9Kg

高圧65mm

HN-65N3(D)

ドライバーの出量をUPさせたことで、従来機よりも深く沈めるHN-65N3。先端がギザ形状になっており、斜め打ちもしやすく設計されています。

さらにエアダスタ機能もついており、ボタンの押し加減で好みの風量調整も可能に。そのため屋根合板を張る時「隣の家に木屑が飛びそうでエアダスタが使えない...」というときなどに風量調整が便利です。
使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエアホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル・ピン装填数 100本・200本・250本・300本・400本
質量 2.0Kg

高圧75mm

HN-75N4(D)

HN-75N4(D)は、圧力切り替えが4段階ついており、釘打ち機内部にエア圧力が切り替わります。そのためパワーを変更でき、それぞれの作業用途ごとに使い分けが可能です。

さらにエアダスタ機能ももちろん付いており、ボタンの押し加減で風量調整もできます。その他マガジンが釘を乗せた後でも高さ調整ができ、グリップ部分は滑りにくく切れにくい素材を採用。高圧75mmの釘打ち機であれば、こちらを検討するのをオススメします。
使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエアホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル・ピン装填数 150本・200本・250本・300本
質量 2.7Kg

高圧90mm

HN-90N6(D)

(引用:マックス公式サイト

HN-90N6(D)は、「斜め打ち・平打ち」などどの角度でも細かい爪が部材に引っかかり、滑りづらい形状になっているのが特徴です。さらに圧力切り替えが4段階に分けてでき、パワーの変更も可能

従来機よりアームカバー側の先端視認性も向上しており、作業効率UPも期待できるでしょう。もちろんエアダスタ機能もついており、マガジン部分も釘を乗せた後でも高さ調節ができます。

使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエアホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル・ピン装填数 120本・150本・200本・250本・300本
質量 2.8Kg

高圧38mm

HN-R38D1

コンタクトノーズが一体式になっている「HN-R38D1」。打ち込み時の反動で上がってもガードされるため、ドライバー跡がつきづらい設計となっています。

用途に合わせてコンタクトトップが4種類あり、「平打ち・フロア打ち・谷打ち・加工用」と作業用途に合わせて使い分けが可能です。さらにレギュレータ機能も搭載されており、手元で機械本体への流入圧力の調整もできます。
使用空気圧 1.8〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエアホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル・ピン装填数 200本
質量 1.3Kg

その他

HN-50S1(D)

HN-50S1(D)は、細釘専用コンパクトモデルとなります。「ワイヤ釘(銅径2.1mm)」「スモールプラシート釘」が使用でき、野緑施工・軒天施工などでかつやくが期待できます。

また、マンションの置床施工で使われるパチクルボードへのスクリュ釘にも安定した打ち込みが可能です。さらに9.9mmのスリム先端コンタクトノーズが搭載されており、幅の細い部材にも狙いやすく、しっかりとした打ち込みができます。
使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックス スーパーエアホース 内径5mm以上・長さ30m以内
使用釘 プラシート連結釘:25~5mm(太さ1.59~1.8mm) ワイヤ釘:32~50mm(太さ2.1mm)
質量 1.4Kg

HN-65Z2

(引用:マックス公式サイト

HN-65Z2は「40・65mm ZN釘」に対応している機種となります。穴ねらいガイド(PAT)で狙いやすく、2.0Kgと軽量です。なおエアダスタ機構も後付けできるため、カスタマイズすることも可能です。

使用空気圧 1.2〜2.3MPa
釘装填数 100本(1巻)
安全装置 メカニカル方式・トリガーロック
質量 2.0Kg

HN-65M

(引用:マックス公式サイト

従来機に比べて重量・サイズが20%コンパクトになった「HM-65M」。一方パワーは20%アップしており「27~50mmの鋼板釘、32~50mmの木下地釘、38~50mmのサイディング用ステンレス釘、27~50mmのコンクリート釘」を打つことができ、幅広い作業に対応しています。

使用空気圧 0.98〜2.26MPa
使用ホース スーパーエア・ホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル装填本数 200本
質量 1.9Kg

HN-65CS

(引用:マックス公式サイト

HN-65CSはサイディング用の釘打ち機で、ドライバ跡が付きづらくキレイな仕上がりに。「38・40・45・50mm」のサイディング用ステンレス釘が打て、従来機に比べて全高も57mm低くコンパクトに。コンタクトノーズ一体式で、正確に釘頭をとらえます。

使用空気圧 0.98〜2.26MPa
使用ホース スーパーエア・ホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル足長さ 38・45・50mm
質量 1.9Kg

HN-65FW1

(引用:マックス公式サイト

「HN-65FW1」は型枠モデルの機種となり、浮かせ打ちコンタクトトップが標準装備となっています。なおコンタクトトップはロック機構付き(PAT.P)になっており、斜め打ちしても外れにくい仕組みです。風量調節のエアダスタも搭載されており、作業後の掃除もより効率的になります。

使用空気圧 1.2〜2.3MPa
使用ホース マックススーパーエア・ホース 内径5mm以上・長さ30m以内
ネイル装填数 200本・250本・300本・400本
質量 2.0Kg

まとめ

マックス(MAX)製の釘打ち機は性能・種類ともにレベルが高いため、この機会に検討しても良いと思います。その際は「常圧」or「高圧」に加えて、用途や釘の長さを基準に選びましょう!

ただ、電動工具全般に言えることですが、新品で購入すると非常の高価です。そのため「予算がないから釘打ち機を買えない...」「買い替えたいけど、とりあえず今のを使うしかない」と悩む方もいると思います。

そんなときは、ぜひアクトツールのオンラインショップをチェックしてください!アクトツールでは「高圧」のマキタ製釘打ち機を中心にご用意しており、ご興味がある方は下記のボタンからのぞいてみてくださいねくださいね(^^)

アクトツールでマックス製釘打ち機を見てみる!

なお、アクトツールでは電動工具全般の「選び方」や「オススメ機種」に関する記事を多数執筆しています!

はじめて電動工具を購入する方や、プロ用工具をお求めの方はきっと参考になると思うので、ご興味がある方は「ブログを読む」からぜひチェックしてください!それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!また別の記事でお会いしましょう。